理想の都市

・太陽と風と緑の街に生まれた高層住宅

ではこうした高層住宅はどういったいきさつから生まれたのでしょうか。これについてはフランスの建築家、ル・コルビュジェの考えた理想の都市が原点であるという点で研究者の意見は一致しているようです。ル・コルビュジェは、急激な人口集中や産業による公害などにより大都市の居住環境が悪化したのに対して、中心部に事務所などの摩天楼を集め、その周囲に公園と高層住宅を配置するという壮大な理想の街づくりを計画しました。ちょうど私たちが子供の頃に思い描いた未来都市をイメージしてもらえば想像がつくと思います。もっとも、コルピュジェの街では居住区域には車は進入できないということです。この理想の街が具体化したもののうち、よく知られている都市はブラジルのブラジリアではないでしょうか。予算が許す限り、もしもの時の為の設備を検討しましょう。←こちらのサイトでいろいろな物件を見られます。この街も建設当初はその未来都市のイメージで注目されたものです。しかし現在、この街もその非人間的な側面が指摘され、評価は初めのものから大きく変わっているようです。その意味では高層住宅のたどった経過と似ているかもしれません。

したがって,老年人口の高い公営住宅には,経済的に住宅取得の困難な居住者が現住居から転出できず,そこで高齢化している世帯が多いと判断できる。以上のように,供給される住宅の種類によりその居住者の年齢構成の特徴の違いを見いだすことができた。②職業別就業人口構成住宅の種類別に職業別就業人口構成をみると,住宅が同種類では職業別就業人口構成が近似したものになっていること,しかしその一方で,同一種類の住宅であっても地域により若干異なるものが存在することが明らかとなった。

EZ189_L

WordPress Themes