精神衛生上問題の多い高層住宅

では高層住宅居住は住んでいる人の心理的健康にどのような影響を及ぼすのでしょうか。結論からいえば、高層階に住むことは決して勧められるものではない、ということです。我が国のデータではありませんが、高層住宅に住んでいる合衆国の黒人の老人を調べた結果では、高層住宅に住んでいる人は健康状態が悪かったり、より抑欝状態を経験していたり精神障害が多発していたりしているといいます。ただ厳密にいえば、この研究の場合、高層階居住者は低所得者が多いというような、社会的・経済的要因や人種問題などともからんできますので、すべてが高層住宅のせいだとはいいきることはできません。しかしイギリスで兵士とその家族を高層住宅と一戸建てに無作為に割り当てて住まわせたところ、高層住宅に住んだ家族の半数以上が神経症になったという極端な記録があります。そして高層階にゆくほど神経症が強まり、満足感が減り、友人も減っていったということです。このことは高層住宅に住まざるをえなくなった人は精神的な問題を感じやすい人だったと考えるよりも、高層階居住がこれらの問題を引き起こしたという因果関係をうかがわせます。その他の不動産、リフォームに関する知識や情報は、←こちらからどうぞ。我が国でも東海大学の逢坂文夫らのグループや東大医学部の研究グループらによって、高層階の主婦は高血圧症の人が多く、流産も多くなるというデータが発表されています。これは高層階になるほど外出が減り、運動不足になったり、ストレスの発散をもたらしてくれる近所づきあいが少ないなどの理由によると考えられています。また、渡辺も居住階とストレスの関係を指摘しています。このような調査結果から高層階居住は住む人に多大の心理的負担をかけるものであるといえるでしょう。

EZ155_L

高層階に住む

・高所は誰でもこわい
高層階に住むといえば誰でもすぐに考えつくこととして「高い」ということがあります。ではこの、高いということは私たちにとってどいう意味があるのでしょうか。ヒトはその進化において樹上生活から地上生活へとその生活場所を移動しましたが、以来、ヒトにとって地面から離れた「高い場所」は住処としての意義を失いました。そればかりか、ある程度以上の「高さ」は基本的にヒトに恐怖を呼び起こすものなのです。男の人なら子供の頃、高い木の上から飛び降りようとした時のことを思い出していただければわかるでしょう。リフォームは検討されておりませんか?マンション 売る 貸す ←こちらからいろいろな不動産知識を蓄えましょう。あるいはテレビ塔などの階段を登ることを想像してください。こうした高所への恐怖感が極端な形で現れるのが高所恐怖症で、これも比較的多くの人にみられます。つまり高層階居住は、ヒトがかって放棄し、ときには恐れるようにまでなった場所をあえて住まいとして選択したことになるのです。
・入居時に強い高さへの不安・恐怖ではこの高層階に住んでいる人たちは実際、高さをどう感じているのでしょうか・・・入居時「高さが気になった」という人の比率は居住階が高くなるにつれて多くなります。しかも自由記述をみてみると、「寝た状態でも空中にいる感じ」「ベランダから下をみていると閉じこめられているようで頭が痛くなる」「地についていないと何となく不安」といった理にある人が一割近くありました。

EZ164_L

増え続ける高層住宅

・大都市部で増え続ける高層住宅
我が国に高層住宅が現れたのは一九五○年代といわれています。その後一九七○年代から増え始め、一九七三年には総住宅戸数の一%だったのが、一九九三年には七%強(二九二万四千戸)にまでなっています(総務庁調べ)。そして誰もが考えるように、高層住宅はとくに大都市部で建設されています。一九九三年の統計では東京都だけで六九万一千戸、ついで大阪、神奈川、愛知、兵庫がベストファイブに並びます。ちなみに、これら五都府県で全高層住宅の戸数の六三%強を占めます。一方、私たちが高層住宅としてイメージするもっと高い高層住宅ではどうでしょうか。二○階以上のいわゆる超高層住宅の建設件数を調べた調査によれば、それは一九七○年代に現れ、七○年代と八○年代後半という二つの時期に建設ブームがありました。なかでも八○年代後半では三○階、四○階以上という住宅もかなりの件数が建設されています。そしてそれらは圧倒的に京浜、阪神の二地域に集中しています。「北側」と「水回り」は気を付けましょう。家 高く売る ←参考にここのサイトからいろいろな間取りを見てみましょう。このような高層住宅の建設状況をみれば明らかなように、それは都市部への人工集中、経済機能の集中、その結果としての地価の上昇などへの対応という側面が強いといえます。その意味では超高層住宅の出現はこうした社会的・経済的歪みに建築技術の向上が加わった結果ともいえるでしょう。このように、その歴史と現状をみると高層住宅はその誕生の背景から現在まで、産業・経済の変化による社会のある意味での矛盾をその背景にもっていることがわかります。

EZ175_L

理想の都市

・太陽と風と緑の街に生まれた高層住宅

ではこうした高層住宅はどういったいきさつから生まれたのでしょうか。これについてはフランスの建築家、ル・コルビュジェの考えた理想の都市が原点であるという点で研究者の意見は一致しているようです。ル・コルビュジェは、急激な人口集中や産業による公害などにより大都市の居住環境が悪化したのに対して、中心部に事務所などの摩天楼を集め、その周囲に公園と高層住宅を配置するという壮大な理想の街づくりを計画しました。ちょうど私たちが子供の頃に思い描いた未来都市をイメージしてもらえば想像がつくと思います。もっとも、コルピュジェの街では居住区域には車は進入できないということです。この理想の街が具体化したもののうち、よく知られている都市はブラジルのブラジリアではないでしょうか。予算が許す限り、もしもの時の為の設備を検討しましょう。一戸建て 売れない ←こちらのサイトでいろいろな物件を見られます。この街も建設当初はその未来都市のイメージで注目されたものです。しかし現在、この街もその非人間的な側面が指摘され、評価は初めのものから大きく変わっているようです。その意味では高層住宅のたどった経過と似ているかもしれません。

EZ189_L

新しい「住」のかたち

人口が都市に集中し、国土も狭くかつ平野部の少ない我が国では高層住宅が増えてくるのは当然といえます。この高層に住むということはほんの三○年ほど前から始まったばかりで、とても新しい「住」のかたちです。この新しさゆえに高層住宅には都会的で新鮮なイメージをもつ人も多いと思いますが、最近ではその悪影響もしばしば指摘されます。この章では住環境としての高層住宅の問題点と今後のあり方について考えてみたいと思います。.夢の街づくりから生まれた高層住宅.高層住宅とはいったいどのくらいの高さの建物をいうのでしょうか。業者は上手に使い分けましょう。その他の不動産関連情報は←こちらからどうぞ。これについては、一応、六階建て以上で垂直移動の手段としてエレベーターを設置している集合住宅を指すということになっています。しかし私たちの日常的な感覚からすれば、もっと高い、一○階建て以上の建物というイメージがあると思います。建築基準法上の観点からも一五階以上の建物を指すことが多いといわれています。つまり、厳密な定義というのはない、というべきでしょう。高層住宅の研究という場合も研究者によって捉え方が違う場合がよくあります。そこで、ここでは一応六階以上の建物まで含めて話をすすめることにします。

EZ198_L

WordPress Themes